この界隈での北海道味噌ラーメンの選択肢が増えました@那覇国際通り「のれん街」「真武咲弥(しんぶさきや)」

麺は小林製麺の中太縮れ麺だそうで、この質感好きです。

旧三越の「のれん街」(GoogleMap)の地下、ラーメン店が数店舗フードコート的に集合の「ラーメン横丁」こちらの味噌ラーメンの「真武咲弥(しんぶさきや)」です。渋谷にある人気店(食べログの評価も高い!)「炙り味噌らーめん 麺匠 真武咲弥 渋谷店」の支店です。メニューを良く見たら玄米麺やヴィーガン系もあります。

初回ということもあり、また自分にご褒美(いつもですがw)で奮発、刺激のある味わいという気持ちでしたので辛目の「炙り特製辛味噌(1,200円)」にしました。辛いのが好きと申し出たところ、一番辛いものにしてもらいました。確か激辛の上の「特辛」という辛さであったと思います。他店とはタイプの違う呼び出しブザーをもらって待機。

麺は小林製麺の中太縮れ麺、黄色みが強いなかなかコシを感じる美味しい麺です。麺の質感も好きなタイプ。チャーシューも昔ながらのややバサッとしたスタイルで、トロトロタイプよりこのタイプが私は好きなんです。スープは激辛、そりゃかなり辛いですね。この画像で果たしておわかりいただけるでしょうか?丼もデカめで全体量はかなりボリューミーです。

後半で味変を、さらに一味唐辛子も入れて超々激辛に変貌しました。食べ終わって丼の中に「待」?「またのご来店を、お待ちしてます!」かと思ったら「侍(さむらい)」でした(笑)

辛くしすぎて残念ながら味噌の味わいよりも辛味が勝ってしまいました。次回は味噌の味わいをキチンと堪能スべく辛味は抑えて、普通に「炙り味噌」をいただこうと思いますw

私の中で北海道系味噌ラーメンの選択肢が増えた、麺、チャーシューと好きなタイプでしたのでこちらは再訪決定です。バターに肉増しという背徳のトッピングにしたい!(笑)

このエリアでは「ちゃんや」も好きな北海道ラーメンですが、こちらはより麺のアルデンテ感は強めな印象でした。

麺匠 真武咲弥 沖縄店

関連ランキング:ラーメン | 牧志駅美栄橋駅安里駅