店名の意味は「くらげ」の脱力カフェ@那覇浮島通り「プラヌラ」

なんとも「のんびり」「まったり」「はんなり」 と・・・くつろげます。

IMG_2172-min

「脱力」というのはお店の姿勢ではなく、客として肩の力を抜いて、気負わずに過ごせる、というニュアンスですw浮島通りはこの辺りまで入ると結構静か。更にこの辺りは木立の感じが癒やされる、そんな環境も寛げる雰囲気作りに一役買っているのでしょうか。

IMG_2179-min

此処は那覇のカフェでは老舗ですね。此処は元々はニューパラダイス通り、今の「ボラーチョス」の場所にあったカフェ。この場所に移転して4年以上にもなるとか。この周辺は今でこそカフェが増えてきましたが、その意味では先駆け的な存在でしょう。

店名プラヌラっていうのは「くらげ(の幼生)」の意。店主の方のはんなりした関西弁もなんとなく、くらげの泳ぐ姿を想起させるものがあるやも(笑)旧店舗の時から、この癒されるゆる~い感じが好きでしたが移転してからはホントに久しぶりの訪問。コーヒーお替り頂き「本日のデザート」ビクトリアケーキは「はんなり」には似つかわしくない「どっしり」感、トータル1.100円。

IMG_2184-min

IMG_2174-min

IMG_2187-min

私はコーヒーを頂きましがメニューでは紅茶が充実しています。ソファ席もあるし、次回はサンドイッチで・・・「脱力」のためにも今後、もっと訪問すべきですね。

IMG_2188-min

関連ランキング:カフェ | 牧志駅安里駅美栄橋駅

2 thoughts on “店名の意味は「くらげ」の脱力カフェ@那覇浮島通り「プラヌラ」

  1. こちらのカフェ、古いカフェ本では食事がおいしいと紹介されていたので、2年くらい前に伺いましたら、スイーツメインであれ?となりました。
    ですが紅茶好きとしては、紅茶が充実していることが嬉しく、また伺いたいなぁと思っていたところでした。
    本がたくさんあるので、余計ゆるりと過ごせる雰囲気なのかもしれませんね。

    • ruri様
      お久しぶりです\(-o-)/
      此処はニューパラダイス通りから浮島通りに移転した際に、ランチ系はやめてスィーツ系になったとのことです。
      でも、ケーキなどを頂きながら、読書など自分の時間を好きなように過ごすのも良いものですね。

コメントは停止中です。