おでん「小町」@沖縄市

 

沖縄市、中の町にあるおでん屋さんなんですが
ここもコザ通のリリー様にお教えいただき、すっかりファンになった店です

IMG_0935

実は私は、おでんの具ではテビチがそれ程好きでもないのです
固かったり、なんとなく匂いがあったり、ブツブツ感があったり・・・
栄町の「東大」の焼きテビチ以外はなんとなく苦手意識があったわけです

ところが、ここのテビチは私の抱いていた上記の先入観、あるいは体験を一蹴するものでした

詳細は書きませんが、きめ細かく下処理し、トロ火で長時間煮込んで

まずは大きい方の「一の鍋」でしばし寝かす

_MG_0072

ここでアクを取り除いてから右奥の小さい鍋に移し、最後に再加熱されて提供となります

_MG_0085

これが提供前の、いわば「二の鍋」

_MG_0087

予め煮込んだ大根の整列した姿、隊長は煮玉子wこの後、鍋に突撃ならぬ投入となります
アッサリ煮込みの好きなお客様には、この後少し過熱するだけで提供

33_MG_0079

大根はもちろんのこと、じゃがいもが型崩れせずに柔らかく美味い

_MG_0082

_MG_0152

ここは牛すじも、他とは異なるようで筋はアキレス腱、
コレも長時間煮込んで、コリコリ、プルプルに仕上げます

_MG_0088

〆に戴くおでんそば、内地では日本蕎麦におでんの具が載ったものなので
最初はフツーの沖縄そばの上におでんが載っただけかと想像していました

ところがこのそば、確かに沖縄そばですが、おでんと一緒に煮込んで提供されます
そばもいわば、おでんの具材なんですね・・・・

_MG_0037

沖縄おでんは、占領下の影響からか今でも和辛子でなくマスタード

私はテビチなどで、ボリューミーに頂きました(これは麺半玉分)

_MG_0030

出汁が麺に染みこんで実に美味い、麺そのものが濃厚な味を放ちます
故に具材は野菜を少し添えただけみたいなほうがマッチするみたい

一玉の時は、簡単な具材で、これでもかなりのボリュームでしたがw

_MG_0093

 メニューにお値段が書いていないのですが、泡盛が1.000~1.500円/合で私の場合は概ね   トータル3.000円から4.000円ぐらいでしょうか?

IMG_0857 IMG_0859

食べログはこちら!

IMG_1015

_MG_0078

おでんは待ってます(笑)

いやいや、美味い店は探せば日本中いたるところにあるものです

2 thoughts on “おでん「小町」@沖縄市

  1. 小町さんの「そば」は未体験なんですよね~
    この界隈で「そば」と言うと「宮古そば・愛」さんになびいてしまうコトが多くて・・・(^_^;)

    いずれ「半玉」を食してみたいと思いまするww

  2. リリー様

    濃厚な汁に、麺まで味が染み込んだ沖縄そば・・・かなりガッツリです。
    先日食後にちょっとで一玉頼んでかなり苦戦苦闘でしたw

    「一緒にお見えになった方に、よろしくねぇ~、あの方も次はそばだねぇ」
    って、ママが言っていましたよ\(-o-)/また、必ずや行きましょう!

    PS:個人的には近所にある「中の町食堂」と「居酒屋 富士山」っていう
    お店も何かフツーっぽいんですが「小町」⇒「メメント」ルート途上にあって
    気になっておりますww

コメントは停止中です。