郷愁あふれるわが町のパン屋さん@与那原町「おくはま」

懐かしい菓子パンの店。

「与那原ハシゴ酒ツアー」で「いろり」の後ちょっと一休み、翌朝に食べようと入った、昔ながらの商店街にありそうなパン屋さん(GoogleMap)店内にメインで並ぶ菓子パンなどの風情は、昭和の時代、日本の至る場所の商店街にも存在した古き良き時代的な感じです。




某キャラクターっぽいパンを購入。「何パンマン?」的なwフォルムから「アンパン」かと思いきやチョココロネなどによく入っているチョコレートクリーム入りチョコレートパンでした(笑)「塩パン」も購入、閉店時間間際キャンペーンみたいで両方で260円でした。

この「塩パン」は歯ごたえハード、ちょっとスパイスなどの風味も効いて本格ベーカリー風、洋食にも合いそう。イタリアンの店とかで出てきそうなパン。菓子パンオンリーではないのですね。アイスパンも有名だそうですが売り切れだったのか見当たらず、次回訪問したらはアイスパンにこの「塩パン」は多めに購入しよう。


関連ランキング:パン | 首里駅儀保駅