オーセンティック系餃子ダイニングという感じ@那覇牧志「まうし餃子」

餃子メインにしてはちょっと高級な感じ。

沖映通り「ハチノスビル」(GoogleMap)の5階の餃子、中華メインの店、宮古島の「島の居酒屋 眞丑 (マウシ)」の支店のようです。ということで活気のある餃子居酒屋?いえいえ雰囲気はさにあらずのややダークなライティング、BGMのみが響き渡るお洒落系、オーセンティックな中華ダイニング、餃子ダイニング。




宮古島の店では有名という「自家製焼き餃子(480円)」を頂きました。野菜多めな感じ、ちょっとバラける、というかもう少いカリッと焼いたほうが好みかも。

「カニ焼売(490円)」は、全体的に粘りのあるタイプの焼売。カニ風味はどうなんでしょう?あまり感じなかったかも。ビールは「スーパードライ樽生(480円)」「オリオン樽生(500円)」と頼んだのですが注ぎ方なんでしょうか?コクがなく薄い感じだったような。

このラー油が美味しかった。

座ったこのカウンター席、テーブル部分の奥行きが殆ど無いんです。A4タイプのメニューも縦置きではみ出てますね。もともとは立ち飲みコーナーの予定だった様子。一人だから敢えて自らカウンターに座ったのですが、料理が並べられない。できれば「広いテーブル席へどうぞ」という一声欲しかった。厨房へ直に厨房にオーダーすると驚かれたり、なんとなく全体的にオペレーションが・・・まぁ、訪問がオープンしたばかりだったから仕方ないのか。

以上、餃子、シュウマイ、ビールジョッキ2杯にお通しが300円で合計2.250円でした。お値段的にも、大衆餃子店というよりちょっと高級餃子店という感じでしょうか。


関連ランキング:居酒屋 | 美栄橋駅牧志駅県庁前駅