このエリアで目を引く立ち飲み店@那覇牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」

立ち飲みながら酒のアテのフードも充実、ハシゴ飲みの一軒にぜひオススメ。

沖映通りから少し入ったファミマ牧志二丁目店そば(GoogleMap)近隣は昔は十貫瀬と言われたこのエリア。この辺では珍しい完全な立ち飲みスタイル「酔処 玉川」で「よいしょ たまりば」と読むそうです。大将ご出身の東京の玉川上水に因んで「玉」と「川=リバー」で「玉川 (たまりば)」だそうです。 外から店内も見えるので一見さんや観光の方にも入りやすい感じ。実際に向かいのホテルの宿泊客も〆で訪問される方が多いとか。立ち飲みですが、敢えてセンベロ設定はなしでスタートしたとのこと。

メニューには「氷下魚」や「山形玉こんにゃく」とかちょっと珍しい内地の美味しいアテがいろいろ揃います。「今夜の一品」ボードには築地で買い入れたメニューが掲載されるので、まずはこちらからチェックされると良いかと思います。ビールはなんとなく北海道推しですw




「サッポロクラシック」がありましたのでまずは頂きました。「イワシフライ(400円)」は珍しかも。油が良い感じサックリと美味しいイワシフライでした。続いてホッピーにもう一品「昔懐かしいおやつ パン耳(100円)」これは某有名パン屋さんから仕入れているとのことで100円ながらカリッと香ばしく美味しい、そしてかなりの量、実に高コスパですw

別の日ですが、この日は熊本産のブランド甘長とうがらし「美少年」が残り二本!200円というので「焼き」でいただきました。上品な甘みがあってピーマンのような印象、表皮の艶、青々しい若い感じが「美少年」なんでしょうか?おじさんはじっくり味わいましたよ(笑)



またまた別の日、築地で仕入れた「焼き鯖(450円)」はデカい、食べごたえはお値段以上。トマトも新鮮そうで、頂いたら実際に美味しかった・・・。

ふとカウンター越しに見ると煮込みが存在を主張しております。まさしく「オーダー見込み」の「煮込み」!最近イチオシの「鶏皮煮込み(300円)」だそうで、頂きましたら江戸前な辛口で「仕込み」も良い感じ、お酒が進みます。レモン果汁たっぷりの「生レモンハイ(400円)」で〆。

こちら、スタッフの方々も気さくで明るく笑いが耐えない雰囲気キープの接客も感じ良し。口開けの或いはハシゴの〆での一杯に最適な感じです。

店名が「酔処(よいしょ)」だから持ち上げるわけではないですが、此処は今後この界隈のランドマークになるかも。「足立屋」のヒット要因でもあると思うのですが、此処も完全東京スタイルで、その意味では流行りそう。また美味しそうなフードが出ていないか、覗いてみようと思います。次回はドリンクでは「あんず棒ハイ」が気になる、でもやはり揚げ物は外せないかなww


関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 牧志駅美栄橋駅安里駅