「台湾ラーメン」が始まりました@那覇ニューパラダイス通り「一力堂 琉球別邸」

満を持してのメニュー、毎日数量限定のようです。

IMG_2555-min

以前も記載しました「一力堂 琉球別邸」です。「京都一乗寺源流」を謳うので京都系かと思いきや、なんと名古屋の「台湾ラーメン」を始めたとの事、数量限定と聞きランチタイム早めにお邪魔しました。しかもさらに辛くできるとのことで辛味増しでオーダー。

IMG_2556-min

アジフライも頼みました、これが厚みはあるのですが、なんとなくコロッケの中身みたいな芋感というかつなぎ感を感じたんですが、気のせいでしょうか。色といい衣の揚げ具合は大変良かったのにこのムニュッとした食感は??でした。

_MG_1013-min

で、出てきました台湾ラーメン。「辛さ増し」、コレはかなり辛いです。スープは真っ赤、地獄谷の様相、普通の方はまず無理ではないか・・。すする時に咽たら、それは即、死を意味しますね、こりゃ。久しぶりに頭頂部の汗が額まで流れた。

_MG_1009-min

その辛さを伴う味ですが、やはり名古屋に三年半住んだ身としては今池の「味仙」が基準、スタンダードになっちゃうのか・・・という意味で、麺の弾力が、こちらのほうがツルンとストレートっぽい感じ。スープも唐辛子の味が全面に出ています。「味仙」の激辛は確かに唐辛子の辛さは増強されていますが、醤油の味がもっとしたような。こちらは8年ほど前の画像ですが名古屋「味仙」の台湾ラーメン、見た目の具材からして異なりますね。

7229

味としては沖縄の石垣島「幸楽」の方が醤油の味が出て「味仙」っぽいかも。もっとも「味仙」のものだけが台湾ラーメンというわけでもないですから、どちらもそれぞれ好みなんですがね。イミテーションゴールド風に言うと、”麺が違う スープが違う 辛さが違う 醤油が違う~♪”という感じです。やはり特筆すべきは辛さ、これはもしや「味仙」以上かも、激辛自慢の猛者はぜひ!もちろん、普通の辛さもあります!

IMG_2564-min

関連ランキング:ラーメン | 美栄橋駅県庁前駅牧志駅